本文へスキップ

日本で最も伝統ある経営コンサルタント団体としての経験と豊富な人材で社会貢献

経営コンサルタントのプロ集団+コンサルタント育成



活動案内 会員になると

 日本経営士協会に入会し、会員になりますとどの様な活動が行われるのでしょうか。


■ 各種の分野の人が集まる人脈の宝庫


 日本経営士協会には、士業の異業種有交流会と言えるほど、各種の分野の会員がいます。入会して、最も大きなメリットのひとつと言えます。

独立起業準備

 まだ、会社勤務で、経営士・コンサルタントになろうと準備をしている会員がたくさんいます。同じ境遇の仲間と共にレベルアップを図れます。プロの先輩に会える機会ができ、プロとは何か、経営士・コンサルタントというのはどの様に考え、どの様に行動しているのかを肌で感じられます。

独立起業後の実力養成

 経営士・コンサルタントとして独立起業したものの、なかなか仕事をうまく進めることができないという人にとっては、先輩プロの話を聞け、そこから多くの示唆を得られるかもしれません。興隆しているうちにビジネスチャンスに出遭うかもしれません。

プロコンサルタントとして活躍している先生

 コンサルティング実績が永年ありながらも、コンサルタントとしての資格を持っていないがために多くの受注を逃してこられたプロコンサルタントにとっては資格取得のチャンスです。経営士資格試験は、中小企業診断士と異なり、広い分野の知識を学んでからでないと資格取得ができないわけではありません。実務や実績などを重視して審査を受けられますので、経営コンサルティング経験が活かされる資格付与判断がなされます。資格取得をした後は、不得手な分野においては、協会の講習会・研修会・講演会等で勉強をしながら裾野を広げることができます。

異分野の仲間とコラボレーション

 すでに経営士・コンサルタントとして活躍していても、自分の専門分野とは異なる業務依頼を受けることがあります。背伸びをしすぎて受注したものの、上手にコンサルティングできずに失敗をしてしまうという懸念があります。仲間の会員とコラボレーションをすることにより、得意でない分野のコンサルティング体験をする機会ができるかもしれません。

企業経営者・管理職

 企業経営者にとっても、自社に最適な経営士・コンサルタントを見つける良い機会です。会員として活動しながら、自分が持ち合わせない知識を得られる機会が多くなります。

 経営コンサルタントを目指したり、コンサルティングに興味のある方であれば、協会内で何らかの活動に参加することにより、人生に深みが出て来ると確信しています



 会員間の協力と共業


 日本経営士協会では、質の高い会員が、「共育」といって相互研鑚し、「共業」といって相互に強みを発揮できる協同業務を行っています。

 定期的に研究会や研修会を開催するだけではなく、メーリングリスト(インターネットを使ったグループ活動)を通じても共育と共業をしています。

 また、当協会にコンサルティングや講師依頼などがあると、それを会員に紹介し、これらを通じて質の高い業務遂行を行っています。


 研究発表の場ができます


 会員になると研究会で研究発表をしたり、会報やメールマガジンに研究論文を投稿するなどして実績を積んで頂きます。

 また、メーリングリストで他の会員との交流をすることもできます。

 何か困ったことがあればメーリングリストで他の会員の意見を聞いたり、特定の会員からアドバイスを受けることもできます。

 講師を務める機会があります


 当協会が主催する講習会・講演会・研修会・セミナーなどで講師を務めることができ、コンサルタントとしての経験をより豊かにすることができます。

 外部からの講師依頼があれば、それにエントリーすることもでき、ビジネスチャンス拡大の機会ともなるでしょう。

 ステップアップ


 昇格試験を受けることにより、経営士補、経営士というように上位の資格に挑戦することができます。

 また、昇格要件になっている研修会・講習会に出席することにより、実力を高めながら上位の資格取得の要件を整えていきます。

 チャレンジ精神を持ってプロとしての力を付けていきましょう。

 実践研修


 経営士としての実力を高めるために、実際に企業を訪問したりして、診断やコンサルティングの実務をする研修や業務の機会があれば、それにエントリーできます。

 コンサルティング現場を体験するのが、最善のコンサルティング実力養成法といっても過言ではありません。また、ケーススタディなどを通じた実践的なトレーニングを受けることも必要です。

 知識ではなく、実践的な実力を付けましょう。


【 注 】 上記は、諸条件が整った場合に可能であって、すべての会員に適用されるわけではありません。





copyright©2003 日本経営士協会 all rights reserved.