本文へスキップ

日本で最も伝統ある経営コンサルタント団体としての経験と豊富な人材で社会貢献

経営コンサルタントのプロ集団+コンサルタント育成



入会・資格取得の手順
一般的な入会・資格取得法

 経営士・経営士補の資格取得をするには、5つの入口があります。

 その中で代表的であり、普通の方法が、ここでご紹介する方法です。

 働きながら 当協会の会員になり、日本経営士協会の講習会等を受講しながら資格取得をする方法で、最も多くの方が採用しています。

 レポート提出や面接などの簡易審査を採用し、学科試験はありません。

 当協会の会員の知り合いがいる場合には、推薦人になっていただくとよろしいでしょう。お知り合いがいらっしゃらなくても公平に審査されますので、心配なさらないでください。



■ 一般的な入会から資格取得までの流れ


 経営士資格を取得するには、日本経営士協会に入会した後に、資格取得をしていただくことになります。

 普通は、このページにあります手順で入会していただきます。

 ただし、すでに経営コンサルティング経験があるとか、経営者として永年の経営管理経験がある人は、入会申込書に資格会員欄がありますので、そこを選択して下さい。審査過程で、一般会員から資格課員に切り替わります。これらの経験者には、一般的な入会方法で途中から資格審査に入る方法以外に、特別推薦制度という方法もあります。

 ここでは、通常の一般会員の手順を中心にご紹介します。

    会員区分の決定   

  会員種は資格会員、一般会員、研究会員に分類されます。資格会員は、さらに経営士補および経営士に分類されます。

   >> 会員区分


    申込書の入手   

  当協会のWebサイトからのダウンロードする等して入会申込書を入手し、必要書類を整えて申込手続きをを行います。

 上述のように、コンサルティング経験者や経営者としての永年の経歴のある人は、経営士または経営士補にマークを付けて下さい。

 経営士なのか経営士補なのか、選択に困った場合にはこちら
をご覧下さい。

   >> Webサイトからダウンロード

【 注 】
 資格会員(経営士・士補)として入会される場合も、同じ手続をして下さい。審査過程で、一般会員と資格審査の方法が異なってきます。

    入会審査   

  書類審査ならびに面談で入会審査を行います。この審査では、入会希望される方が、 当協会の会員として相応しいかをどうかを審査します。

 応募段階で申請した会員種より、上位の会員種にも該当すると審査員が判断した場合には、協会より上位を選択するか否かの問合せがあることがあります。希望する場合には、是非挑戦して下さい。

    入会通知   

  入会審査に合格したら郵送にて、入会通知が発送されます。研究会員・一般会員として入会される方については、 審査は終了です。送付されます手続手順書に基づき入会手続きを進めてください。(「会費・諸費用納入手続」に進んで下さい。

    資格審査通知   

 資格会員(経営士補・経営士)として相応しいと判断された方については、資格審査通知が発送され、 資格審査を受けて頂きます。

    会費・諸費用納入手続き   

 入会・資格審査が全て終了した時点で、各審査に合格した方は会費・諸費用の納付手続きを行って頂きます。


    会員証・徽章・資格認定書の送付   

 会費・諸費用の納付が完了しますと、会員証・徽章・資格認定書の送付が行われます。
  入会審査に合格したら郵送にて、入会通知が発送されます。晴れて日本経営士協会会員として、そのメリットを充分にご活用下さい。




 当協会を退会したり、資格を剥奪された後、当協会の資格を名乗りますと「資格詐称」となります。
 当協会の付与資格は、年会費が納入されている年度内のみ有効です。ただし、年度切り替え時に、 新年度の年会費が納入されている会員の資格は自動的に延長されます。
 会費未納者が、資格を名乗りますと、 上記同様に資格詐称となります。
 退会・除名などにより資格を喪失した場合には、会員証・徽章・資格認定書等を速やかに変換してください。






copyright©2003 日本経営士協会 all rights reserved.